介護×IoT

IT,IoTによる具体的な(在宅)介護への活用方法を発信!

【Echo Show 15 (エコーショー15)】家族に個人宛メモを送ろう!【付箋ウィジットで】

家族に個人宛メモを送ろう!

まずは動画で!


www.youtube.com

 

ウィジットについても動画をつくっているので、こちらもご覧ください。


www.youtube.com

 

「個人宛メモ」とは何か

Echo Show15の商品ページには以下のような記載があります。

わたしにはわたし向けの情報を

商品ページを見てわかるように、Echo Show15は今までのEchoシリーズとは違い、リビングの中心で家族間のハブとしての役割を明確にしているようです。

そのなかのひとつの機能として、家族個人個人へメモを送ることができるようです。昔よくあった、玄関先や冷蔵庫の前にホワイトボードを置いて、そこで連絡事をメモしあうようなイメージだと思います。

個人宛メモ送信

プロフィールに家族を登録しよう

Echo Show15は初期状態だと、購入した本人のアカウントがあるだけなので、プロフィールに登録していきます。

プロフィールの登録は画面右上のマークをタップします。

プロフィール編集画面へ

「テスト」さんを家族として追加しました。

プロフィール画面

 

音声IDとビジュアルIDを設定しないと個人宛メモは送れない

動画でも説明していますが、プロフィールがあるだけではダメで、送信先のプロフィールに音声IDとビジュアルIDを設定していないと個人宛メモは送れないようです。

音声IDを設定

ビジュアルIDを設定

「アレクサ、(プロフィール名)にメモを送って」

家族のプロフィールを作成し、そのプロフィールに音声IDとビジュアルIDを設定すれば、あとは「アレクサ、(プロフィール名)にメモを送って」といえば、メモの作成が始まり、メモしたい内容を言えば送信してくれます。

メモ送信

 

その後、送り先の家族がEcho Show15の前に来れば(ビジュアルIDにより判断)、メモがある旨が表示されます。

メモがある

「アレクサ、私宛のメモを見せて」

個人宛のメモがあるので、「アレクサ、私宛のメモを見せて」と言ってみましょう。

封筒に入ったメモ

封筒に入った状態なので、この状態で音声で開きたかったのですが、色々試しましたがどうもできなく、仕方ないので、指でタップして開きました。

個人宛メモをひらく

まとめ

いかがだったでしょうか。
Echo Show15は
家族間の情報共有もできそうです!

介護をしている家庭での活用方法も検討していきます!

 

 

 

 

【Echo Show 15 (エコーショー15)】壁掛けより自由度が高いスタンドが良い!

f:id:ayanokouji777:20220410120712p:plain

【Echo Show 15 (エコーショー15)】壁掛けより自由度が高いスタンドが良い!

まずは動画で!

youtu.be

Echo Show 15は壁掛け

Echo Show 15が発売されましたね。さっそく購入しました!

f:id:ayanokouji777:20220410120932j:plain

Echo Show 15箱表

f:id:ayanokouji777:20220410121003j:plain

Echo Show 15箱裏

f:id:ayanokouji777:20220410121025j:plain

Echo Show 15箱開けました

Show15の商品ページを見ればわかるとおり、こちらの製品は今までとは違い、壁掛けで使うことを想定されています。

 

ただ、商品の付属品で壁掛けするには、なかなかハードルが高そうです。

f:id:ayanokouji777:20220410121454p:plain

付属品で壁掛け

 

そのためか、別売りでホチキスで壁掛けにするする製品もあります。

 

こちらを購入しました。

f:id:ayanokouji777:20220410121711j:plain

壁美人

f:id:ayanokouji777:20220410121952j:plain

壁美人内容物

だけど、やっぱりホチキスといえども、なかなか抵抗があったので、もうひとつの別売りで発売された、Echo Show 15用スタンドを購入しました!

 

f:id:ayanokouji777:20220410122017j:plain

Echo Show 15用スタンド

Echo Show 15用スタンドを取り付けてみた

スタンドに取り付けてみました。

f:id:ayanokouji777:20220410123751p:plain

Echo Show 15用スタンド(表)

裏側はこんな感じです。

f:id:ayanokouji777:20220410123828p:plain

Echo Show 15用スタンド(裏)

比較のためにEcho Show 10を左に並べてみました。

f:id:ayanokouji777:20220410122237j:plain

Echo Show 10(右)と比較

 

 

スタンドなら楽に上下角度、縦置き/横置きができる!

スタンドなら上下の角度調整も簡単です。

f:id:ayanokouji777:20220410125400p:plain

上に角度をつけました

f:id:ayanokouji777:20220410125436p:plain

下に角度をつけました

縦置きも楽々です。

f:id:ayanokouji777:20220410125517p:plain

縦置き

まとめ

壁掛けも良いけれど住環境的に難しい人はスタンドも是非検討してみてください!

 

 

 

 

 

 

【Echo Buds(エコーバッズ)とSesami(セサミ)で】家の鍵は声で開けよう!

f:id:ayanokouji777:20220306171736p:plain

【Echo Buds(エコーバッズ)とSesami(セサミ)で】家の鍵は声で開けよう!

スマートロックは使っていますか?

私は数年前からスマートロックに注目しており、今までQrioやSesamiを使ってきました。また、遠距離介護にもスマートロックは有効だと考えており、以前にも記事を書きました。

 

ayanokouji777.hatenablog.com

今は自宅にSesamiを設置しています。

f:id:ayanokouji777:20220306172100j:plain

Sesami

 

 

解錠はいつもスマホアプリからしてました

施錠はオートロック機能があるので、ほぼ手動ではしなくなりました。

解錠はスマホにインストールしたアプリで行ってました。

マンションのエレベータに乗っているときにスマホをポチポチして、そのままスマホを片手に廊下をあるき、自分の部屋の前に来たときに、スマホで解錠を行います。

スマホを手に持っているので)わざわざ、鍵を出さなくても良いし、楽だなと思っていました。

Alexaで解錠できることも知ってましたが、それには確認コードを言う必要があります。

あらかじめAlexaアプリで確認コードを設定しておくと、以下のような流れになります。

「アレクサ、家の鍵をあけて」

「家の確認コードはなんですか?」

「****」

「ロック解除しています。お待ちください。」

 

これを家の前で、スマホのAlexaアプリに向かって言ったり、もしくは大声で室内のAlexaにいうのはさすがに厳しいものがあります。確認コードが他人に聞かれてしまいますし。

 

f:id:ayanokouji777:20220306173725p:plain

大声で室内のAlexaに確認コードを言うのは不可能!

Echo Budsなら小声で指示ができる!

このように、私はSesamiのスマホアプリで解錠をしていたのですが、先日Echo Budsを購入してからは声で解錠をするように変わりました!

f:id:ayanokouji777:20220306174123j:plain

Echo Buds

f:id:ayanokouji777:20220306174146j:plain

Echo Buds内容物

Echo Budsはいわゆるワイヤレスイヤホンです。Echo Budsをつけている状態で、「アレクサ」といえば、いつも使っているような命令が可能です。例えば、私は自転車をこいでいるときなどに、「アレクサ、今何時?」と聞いたりしています。
指示も小声でできますし、返答内容は自分しか聞こえません。
これなら、Sesamiの解錠もできそうです!

 

 

確認コードの設定方法

ここで、あらためてSesamiの確認コードの設定をみていきます。

あらかじめSesamiと連携させ、「家」という名前にしていました。

f:id:ayanokouji777:20220306174814p:plain

ロック

右上の歯車をタップし、設定画面にいきます。

f:id:ayanokouji777:20220306174901p:plain

設定画面

「音声でロック解除」をONにし、「確認コードを変更」をタップします。

f:id:ayanokouji777:20220306174959p:plain

確認コードを入力

ここで確認コードを、4桁の数字で入力して設定は完了です。

 

実際の動きを動画で紹介!


www.youtube.com

 

注意点としては、スマホのSesamiアプリの場合はBluetoothでも通信できますが、Alexa経由の場合はWifiモジュールが必須となります。

 

 

何も持っていないので声を使うのが楽

私はもともとスマホを片手にもっていたので、そこからわざわざ鍵を出すのがめんどくさく感じました。そこでスマホを片手にもっていなかったらどうでしょう?

スマホを出すのも、鍵を出すのも変わらないので、スマホの操作をする分を考えると、鍵を出すほうが素早く楽なはずです。

では、Echo Budsはどうでしょう。もちろん使っていなければ意味がないですが、私は今のところ外出するときはずっと使っています。

この状態だと、そのままアレクサで解錠するのが一番簡単です。

このように、一番楽な操作方法はそのときの状態によります

スマホを片手にもっていてすぐ操作できるなら、アレクサよりもSesamiアプリで解錠するほうが良いはずで、何ももっていないときには(厳密には耳にEcho Budsを持っていますが)、それでも声は持っているのでアレクサを使うのが楽なのです。

 

Echo Budsでの使い方が有効そうなスキル

私は開発したスキルで外出中のEcho Budsで使えそうなのを宣伝w

 

ここどこ

ここどこ

  • 福村浩治
Amazon

 

駅どこ

駅どこ

  • 福村浩治
Amazon

 

散歩ログ

散歩ログ

  • 福村浩治
Amazon

これらのスキルは、スマホの位置情報から住所を特定して教えてくれたり、最寄り駅を教えてくれたり、そこのスポットの感想を声で入力したりと、外出時に使う想定のスキルとなっています。

是非使ってみてください。

 

まとめ

今まで、主に室内での使用だったAlexaも、今後は外での活用も考えていけそうですね。私も最近はさぼりっぱなしのスキル開発も今年は再開しようと考えています!

 

 

 

 

 

 

 

【Alexa(アレクサ)でAudible(オーディブル)!】目がしんどかったら耳でエンタメを楽しもう!【遠隔で朗読】

f:id:ayanokouji777:20220220155107p:plain

老眼になってもまだまだいろんなことが楽しめる!

私も来月にはアラフィフの年齢になるのですが、若干老眼かなと思うときが増えてきました。焦点が合わない、少し離したほうが良いなど、老眼の症状にぴったりで「あぁ まぁ もうそういう年齢だしなぁ」と。

加齢とともにできないことが増えるのはどうしても仕方がないことです。ただ「仕方がない」で終わりにせずに、ほかに楽しめる方法を模索していきましょう!

 

そもそも私がスマートスピーカーに注目したのは、高齢者や障害者など、目が不自由な人のQOL向上ができると考えたためです。

 

私の父も後期高齢者となって久しいですが、やはりテレビなどを見てても目がしんどくなることが多くなってきました。もともと本や新聞が好きなのですが、それも見るのがつらく、どうしても見たいときは虫眼鏡(拡大鏡)を使って読んでいます。

 

「もっと読書などを楽しめるようになんとかならないかな」と探してみたら、Audible(オーディブルが見つかりました!

 

 

Audibleは最近聞き放題になりました

Audibleはよくあるサブスク型のサービスなので、月額料金がかかります。

現在は月額1,500円です。

少し前までは、毎月無料で聞けるものが1つ、コインが1つ渡され、コイン1枚でなんでも買える方式なので、お高いものをコインで買う感じでした。

ええ 自分で言ってても「なんじゃそりゃ」って方式だと思いますw

それが2022年1月27日よりAudibleの会員プランは定額聴き放題制となりました!

もう余計なことは考えずに、月額料金を払ったらそれ以上のお金は必要なく、好きな作品を聴きまくることができます。

f:id:ayanokouji777:20220220145410p:plain

Audible会員プランは聴き放題

 

PCでもスマホでも聞ける

AudibleはPCで、またはスマホタブレットにアプリを入れて聴くことができます。

聴きたい作品を検索するなり、一覧で見つけるなりして、作品をクリック(もしくはタップ)すると、「ストリーミング再生」と「ライブラリーに追加」が表示されます。

f:id:ayanokouji777:20220220150020p:plain

ストリーミング再生とライブラリーに追加

すぐにPC、スマホタブレットで聞きたい場合は「ストリーミング再生」が気軽でしょう。ただ、この後説明するように、Amazon Echo(アマゾンエコー = Alexa(アレクサ))で聴きたい場合などは「ライブラリーに追加」を選択しましょう。

 

ライブラリーに追加

「ライブラリーに追加」すると、その名のとおり自分のライブラリーに選択した作品が追加されます。

f:id:ayanokouji777:20220220150515p:plain

ライブラリー

これで聴きたい作品を管理していくことができます。

 

アレクサ、(作品名)を読んで!

さて、ここまでは単なるAudibleの紹介でした。

ここからは本ブログの本質、EchoでこのAubidleを朗読してもらう方法です。

単純に「アレクサ、(作品名)を読んで」でEchoが読んでくれます。

 

また、操作としては以下が可能です。

「アレクサ、5分すすめて」
「アレクサ、5分戻して」
「アレクサ、一時停止」
「アレクサ、再開」
「アレクサ、終了」

 

作品名だとアレクサが正常に反応してくれないケースがある

これだけだと本当にうれしいのですが、私が試したかぎりどうしても作品名で読んでくれないものが多々ありました

 

例えば、以下のものは、そのままで大丈夫でした。

(カッコ内のひらがなで言っていると思ってください)

「アレクサ、桜屋敷(さくらやしき)を読んで」
「アレクサ、埋蔵金千両(まいぞうきん)を読んで」

 

しかし、以下は作品名そのままでは無理で、カッコ内のひらがなならOKでした。

「アレクサ、盗法秘伝(ひでん)を読んで」

「アレクサ、けろりの道頓(けろり)を読んで」
「アレクサ、伊達の黒船(くろふね)を読んで」

 

正直どういう法則性があるのかわからないので、Amazonに問い合わせてみようと思っています。(またわかれば追記します。)

 

2022/02/23追記

逃げの小五郎」は「アレクサ、にげのこごろうを読んで」もNGで「アレクサ、こごろうを読んで」もNGでした。

その旨をまずはAmazonの問い合わせのチャットで聞いてみましたが解決にいたらず、Audibleのサポートのほうにとなりました。

Audibleのサポートはメールか電話のみでチャットはないので、仕方ないのでメールしました(母以外にメールするの久しぶり)。

 

その日のうちに以下のように返答がきました。

福村様のお問い合わせを受け、Audibleカスタマーサービスにて検証いたしましたところ、Alexaへ下記の音声入力の呼びかけで再生を確認いたしました。
===============

・【逃げの小五郎】を再生する場合 ▼
” ウェイクワード、Audibleで にげのこごろう 読んで”
” ウェイクワード、Audibleで こごろう 読んで ”
” ウェイクワード、Audibleで にげ 読んで ”

===============

その他、アレクサで読み上げが認識されないタイトルがございましたら、該当タイトル名をご申告いただけましたら当カスタマーサービスにて、上記のように読み上げが認識されるワードをお調べさせていただきますので、ご安心くださいませ。

また恥ずかしながら、”認識がうまくいかない場合の例”などとして、下記に記載させていただいておりますが、
読み方によっては別の言葉へと認識されてしまう事もございます為、現状完璧な区別に到っておりません。

<認識がうまくいかない場合の例>
句読点「おお、~等」
同じ文字が続く場合「ああ 等」
踊り字’「々」
数字「0」の読み取りが上手く認識されないなど。
数字「11」→「じゅういち」では再生されず、「いちいち」等

あくまでも個人差になってしまいますが、タイトル名を区切ったり、または区切らず続けて指示をするなど、いつもと異なる音声コマンドにて改善に至ったケースもございましたが、音声認識の件やより簡単にAlexaでAudibleが再生出来るように、私にてシステムの改善要望として担当部署へ報告させていただきました。

どうもAudibleカスタマーサービスで試してくれているようですね。

今後も呼び方がわからない作品があれば、問い合わせて調べてくれるとのこと!

あー これでいちいち自分で調べなくて良いんだー!w

いずれAudibleの各作品ページで、Alexaへの呼びかけ方も記載されるようになれば良いですね。

 

壁掛けEcho(Echo Show15)が発売されたら改善できる?

さて、父のために実家のEchoで朗読させようとしましたが、前述したように作品名そのままだと読んでくれないことが多々あるので、自分で何度か試しOKだったのを、母にメール(母はスマホが使えます)し、母はそれを見て、父が聴きたいときにEchoに言っているようでした。

 

しかし、作品名が増えてくると覚えてられないし、いちいちスマホをとって、老眼鏡をかけてスマホを操作して、呼び方を確認するというのが煩雑なため、紙に呼びかけ方を書くようになりました。

ある程度は仕方がないと思いつつ、めんどくさいだろうなと思ってます。

このあたりは壁掛けEcho(Echo Show15)が発売されたら、実家の壁掛けEchoにこちらから表示させたりできたらいいなと思っています。

 

Alexaアプリで遠隔のEchoから朗読させる

また、作品名でも何に言い換えてもアレクサが読んでくれない作品もいっぱいありました。その中でもどうしても聴きたいものに関してはAlexaアプリから操作して朗読させることが可能です。

 

Alexaアプリの下部の「再生」をタップします。

f:id:ayanokouji777:20220220152351p:plain

「再生」をタップ

「AUDIBLEライブラリ」の「すべて表示」をタップします。

f:id:ayanokouji777:20220220152459p:plain

「AUDIBLEライブラリ」の「すべて表示」をタップ

 

「ライブラリーに追加」している作品が一覧表示されます。

例として今回は「助太刀」をタップしてみましょう。

f:id:ayanokouji777:20220220152613p:plain

AUDIBLEライブラリーの一覧

再生対象のEchoデバイスの一覧が表示されます。

ここで実家にあるデバイスを選択すれば、遠隔地から実家のデバイスで朗読させることが可能です(ただし、前提として実家のデバイスがAlexaアプリのアカウントにひもついている必要があります)

f:id:ayanokouji777:20220220152844p:plain

朗読させるEchoデバイスを選択

これでEchoデバイスで朗読が始まります。

Alexaアプリでも朗読(=再生)されている様子が表示されます。

(※前述の画面で「実家リビング」と選んだのに、下記は「エコーショー回転」となっているのはスクリーンショットをとるのをミスっただけで、選択したEchoデバイスの名前が表示されます。)

f:id:ayanokouji777:20220220152948p:plain

朗読(再生)中

この部分をタップすると、大きな画面で表示されます。

f:id:ayanokouji777:20220220153207p:plain

朗読(再生中)の様子

 

前述したとおり、これにより私は実家を離れていながら、まずはAlexaのビデオ通話で父と話し、聴きたい作品あるかコミュニケーションをとり、いったんビデオ通話を終わらせ(ビデオ通話しながら朗読させることはできないため)、上記により朗読させるようにしています。

 

次に帰省したときには、モニター無しのEcho Dotなどを追加して、Echo Showでビデオ通話しながら、Echo Dotで朗読させようと考えています。

今は他にもネットワークカメラがあるので、そちらで父がなにか言ったら聞こえるので、一旦朗読を止め、再度ビデオ通話してコミュニケーションし、止めるならAlexaアプリで終了させるなどの操作を行っています。

 

 

 

まとめ

月額1,500円となると、Netflixなどの動画サービスと同じか、もしくは高いくらいの金額なので、最初はどうかなと思ったのですが、聴き放題だし、何より両親が喜んでくれるならこのくらいなら問題ないかなと思っています。

目が悪くなっても、楽しめることはいろいろあるはずです。今回ご紹介したAudibleもそのひとつで、長く続くおうち時間も楽しんで過ごしていきましょう!

 

 

【これがYoutube視聴最適解!】Chromecast+Google Home(Google Nest)で圧倒的に便利に!

 

f:id:ayanokouji777:20220130200449p:plain

まずは動画でできることを紹介


www.youtube.com

高齢者はテレビばかり見ている時代もありました

今はあまり聞かないですが、高齢者といえばテレビばかり見ていると言われる時代がありました。今とは違って、「親の介護は子供の義務」という意識が一般的だった時代に、そうはいっても介護に時間をさけなく、今と違ってアクティブな高齢者というのも一般的ではなかったので、結果家にこもってテレビを見る高齢者が多くなったのではないかと思います。

 

現在は介護サービスを使うことも一般化し(通所サービスの送迎を朝に見かけることも多くなりましたね)、またアクティブな高齢者も増え、家にこもってテレビというイメージは薄らいできましたが、コロナにより状況が変わってきました。

感染リスクを低下させるために、家にこもっている高齢者も多いのではないでしょうか。ただし昔と違って、今は各種VODサービスもありますし、その中でもYoutubeは活発です。トレーニングやレクリエーションの動画などもあり、家にこもってテレビを見てる=必ずしも不健康とは言えなくなってきているのではないでしょうか。

 

Youtubeをテレビで見るならChromecast

前回の記事でも書いたようにYoutubeをテレビで見るにはChromecastが良いです。

 

ayanokouji777.hatenablog.com

 

スマホやパソコンより、大画面テレビのほうが見やすいし、大部分の家庭のリビングはテレビを中心としたレイアウトをしているから、というのがその理由です。

 

 

スマホYoutubeアプリからキューをいれまくる

比較的再生時間が短い動画をいくつも見たい場合、いちいち動画を指定するのは煩雑です。そのため、次に再生する動画をキューにいれることにより、連続再生するようにします。

Youtubeアプリからテレビに接続すれば、動画をクリックしたときに、「再生」か「キューにいれる」のどちらかを選ぶことができます。

「再生」にすると、今再生しているものがあろうがなかろうが、すぐさまその動画を再生します。

「キューにいれる」にすると、次に再生する動画としてリストに追加されていきます。

(私はお笑いとレトロパチンコパチスロ動画が好きですw)

f:id:ayanokouji777:20220130193812p:plain

「キューに入れる」でつくったリスト

 

高齢者でスマホをもっていない場合は、お子さんがしてあげてください。

TeamViewerを使えば遠隔地からスマホを操作できるので、遠距離介護しているお子さんでも可能です(スマホ側で許可のためのタップが必要な場合もあるので、完全に遠隔操作できないこともあります。)

f:id:ayanokouji777:20211220191507p:plain

TeamViewerで遠隔地のスマホを操作

Youtube視聴中の操作はGoogle Homeで!

Youtube視聴中に途中であんまりおもしろくないな、思ってたのと違うなということはよくあります。そんなときは次の動画に進めたいですが、そのときにスマホなり、リモコンなりで操作するのはめんどくさいです。

そんなときこそ、Google HomeGoogle Nest)です。

「ねぇGoogle、次の動画へ」といえば次の動画に進めます。

(私は「ねぇGoogle」派です)

ほかにも「ねぇGoogle、5分進めて(戻って)」などの操作も可能です。

 

個人的には、こういう使い方がスマートスピーカーのベストプラクティスだと考えています。スマホYoutubeを見ているなら、そのままスマホで操作すればよいわけで、何も持っていない=「声」はいつも持っているので、「声」を使って操作すればよいわけです。

 

まとめ

私はいくつか見たい動画があったら、今回のような操作で一気に見ています。おそらく現時点で一番心地よくYoutubeを見る方法だと思います。

ただ、Youtubeは動作が変わることもよくあるので、これもいつまでもつかなという気がします(昔はChromecastでならCMが入らないなんてこともあったのですが。)

見すぎはダメですが、Youtubeは高齢者にとっても魅力的なコンテンツがたくさんあります。ぜひ今回の方法を活用して、素敵なおうち時間を過ごしてください!

 

 

【CMスキップ操作不要】Youtubeを長時間見るならChromecast一択

Youtubeは何で見てますか

youtubeは以前はスマホで見ることが多かったのですが、コロナ禍以降、おうち時間が増えたり、youtubeへの芸能人等の参入が多くなりCMでの報酬目的でどんどん再生時間が増えたので、なかなかスマホで見ることもつらくなってきたのではないでしょうか。

パソコンで見るのも良いですが、どうせなら大画面のテレビで見るのがおすすめです。

 

Youtubeをテレビで見るには

最近はインターネット接続できるテレビも多いですが、そうでない場合は後付けのデバイスを購入しましょう。

AmazonのFire TVシリーズGoogleのChromecastが良いですね。

 

 

 

 

 

 

CMは必要だけどスキップ操作はめんどくさい

Youtubeを見ているとCMが流れることがありますが、5,6秒でスキップする際にスマホだとスキップボタンをタップしないといけないことが多いです。

スマホの場合は近くで見ているのでまだ良いのですが、テレビの場合各デバイスのリモコンのボタンを押してスキップしなくてはいけないので、正直めんどくさいです。

スキップしないと、長いものは1分以上CMが流れるので、さすがに頻繁に流れるとうざったく感じるのではないでしょうか。

 

リモコンといえば、無印Chromecastにはリモコンがありません。スマホからChromecastへのキャスト操作をするだけです。そうです、これをきっかけにCMスキップ操作をせずにテレビでYoutubeを見れるのではないかと思いつきました。

 

もちろんですが、CMが嫌なら「YouTubeプレミアム」に加入するのが本筋です。ただ、CMを見たくないわけではなく、毎回長時間見るのは嫌で、そのためにリモコンなりを操作するのも嫌だという人も多いんじゃないでしょうか。

 

無印Chromecastとwith Google TV

私はもともと無印Chromecastを使っていました。

スマホからChromecastへキャストを行い、好きな動画をキューにいれまくり、延々とテレビで流しっぱなしにするような使い方をしていました。

数年前まではそもそもCMは入りませんでした。

それがいつのまにかCMが入るようになりましたが、以下の画像のようにCM中に「動画開始まであと*秒」と表示され、勝手にカウントダウンし、0秒となると動画に戻るような動作です。

 

f:id:ayanokouji777:20211220181606p:plain

自動的にCMスキップ

 

with Google TVは知っていたけれど

無印Chromecastとは別に、以前の記事でもお伝えしたように、Fire TV Cubeも所持しています。

 

ayanokouji777.hatenablog.com

 

Fire TV CubeにYoutubeアプリをインストールすることで、Chromecast同様スマホからキャストできますが、CMスキップする際にはリモコンを押す必要がありました。

f:id:ayanokouji777:20211220182508p:plain

リモコンでスキップ

特に無印Chromecast(以降「無印」)で困ってはいなかったですし、With Google TV(以降「With」)にはリモコンがあるので、Fire TV Cubeのようにリモコンを押さないといけなくなったら嫌だったので、購入するつもりはありませんでした。

 

スマホを使わない層はYoutubeをどう見れば良いか?

先日、コロナ禍が少し落ち着いてきたので、約2年ぶりに実家に帰ってきました。

以前はタブレットを母に渡してましたが、数年たちバッテリーも膨らんできたので、新しいスマホタブレットChromebookを渡しました。

特にChromebookが気に入ったようで、音声入力で検索したり、Youtubeアプリでも音声入力で検索してみるようになりました。

母はある程度抵抗なくこういったデバイスを使いますが、父は全く触る気がないです。

でも、「この動画を父にも見せたい」ということも多く、Youtubeアプリからテレビにキャストすれば良いのですが、やはりちょっと難しいみたいなんですよね 操作が。

なので、やっぱりテレビで見る かつ まだわかりやすいリモコンで操作を実現するために、Withを購入してみました。

f:id:ayanokouji777:20211220184109j:plain

Chromecast with Google TV

f:id:ayanokouji777:20211220184215j:plain

Chromecast with Google TVのリモコン等付属品

 

WithではCMスキップ操作はリモコン必須と思いきや

はじめのうちはやっぱり思ったとおり、スマホでキャストしても、CMスキップはリモコンで操作が必要なんだと思いました。

(初めからリモコン操作で動画を流している場合は、100%リモコン操作が必要でした。)

ただ、たまに無印と同様、自動的にCMスキップになるときがありました。

 

スマホから接続状況を見ると、その違いにより表示も違いました。

 

f:id:ayanokouji777:20211220184507p:plain

リモコン操作必要

f:id:ayanokouji777:20211220184600p:plain

リモコン操作不要

 

サポートに聞いてみた

ChromecastなどのGoogle製品はチャットや電話での問い合わせが可能です。

そこで以下の内容をチャットで問い合わせてみました。

chromecastにAndroidスマホからキャストするときのCMスキップの挙動について。
数日前にchromecast with google tvを購入したのですが、
Androidスマホからyoutubeを表示するようにした際のCMスキップの挙動が
「CM表示の数秒後に自動的にスキップされる」と「スマホやリモコンで手動でCMスキップをタップしないといけない」の
どちらかになります。
使い勝手的には前者にずっとなってほしいのですが、そもそもこれはどういう判断により
挙動が分かれるのでしょうか。
(chromecastの初期表示時、前者のときはキャスト待機画面、
後者のときは各アプリなどが表示されるホーム画面になっているような。)
また、前者だけの挙動になってほしい場合はどう操作すれば良いのでしょうか。

問い合わせ内容で書いているキャスト待機画面とは以下です。

f:id:ayanokouji777:20211220185013p:plain

キャスト待機画面

無印の場合は、まずこのキャスト待機画面が表示されていたのですが、withでは以下のホーム画面が表示されます。

f:id:ayanokouji777:20211220185112p:plain

ホーム画面

無印はYoutubeをキャストするのに特化していて、WithはYoutube含めた他の動画アプリ(ex.NETFLEX,hulu etc...)のプラットホームとなっている印象です。

 

CMスキップ操作不要にするには

問い合わせチャットでは即答いただけなかったですが、翌日にメールで以下のように返答いただきました。

 

YouTube アプリが最新版であるか確認する。方法は以下のリンクをご参照くださいませ。
https://support.google.com/youtube/answer/7341336?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DAndroid

YouTube  アプリをアンインストールし、再インストールする。

・キャスティングデバイス(Andtoid  スマートフォン)が更新されているか確認する。方法は以下のリンクをご参照くださいませ。
https://support.google.com/android/answer/7680439?hl=ja

・キャスト元デバイススマートフォンの自動タイムゾーン設定を切り替えてから(一度無効にしてから有効にする)、再起動するようお願いします。キャストデバイスタイムゾーンシステムをリセットまたは同期するには、次の手順に従います。

Andtoid 用:

  1. 設定 次に 日付と時刻 次に の自動タイムゾーン
  2. 自動タイムゾーンオプションを無効にしてから再度有効にします。
  3. キャストデバイス(電話)を再起動して、システムを更新します。

 

上記操作をすることで、今のところCMスキップ操作不要でスマホからキャストできています!

ただ、スマホからchromecastに接続するのにすごい時間がかかるようになりました。

テレビを見ていると、まずホーム画面が表示され、その後待機画面になり、キャストした動画が流れるような動きです。

なんとなく、Withはリモコン操作が前提なのを無理やりスマホ操作でできるようにしている感じがしました。

 

スマホを使わない層はWithで見よう

基本的にWithはリモコン操作で使えば良いです。

リモコンなら高齢者でも使える人が多いのではないでしょうか。

しかし、上記のとおりWithでもスマホからキャストもできるので、スマホ操作できる人はスマホからの方が楽かもしれません。

 

私の場合は、母のスマホにTeamViewerをいれているので、遠隔から母のスマホを操作して、実家のChromecastをキャストして、テレビにYoutubeを流すこともできました。

f:id:ayanokouji777:20211220191507p:plain

実家のスマホを遠隔操作してテレビにキャスト

父や母はリモコンで操作し、私が遠隔で操作するときはスマホからキャストするような運用をしていこうと思っています。

 

まとめ

スマホを日常的に使うような、特に若い層は無印Chromecastで問題ないです。

しかし、スマホを使わない層もいるなら、Withも選択肢に入れてみてください。

 

 

ネットワークカメラをドアベル代わりに使う!

f:id:ayanokouji777:20211121094816p:plain

ネットっワークカメラをドアベル代わりに使う

まずは分かりやすい(?)動画をどうぞ!

youtu.be

アベルが欲しいけど

インターホンをスマホで受けれるようになるドアベルって便利ですよね! 自分が外出していてもスマホで受け答えできますし。 だけど、今はやりのGoogle社製はお高い。。。

23,900円かぁぁぁ

f:id:ayanokouji777:20211121094910p:plain

google storeより引用

ネットワークカメラは有り余っている

今までご紹介してきたように、私はネットワークカメラは有り余るほど持ってますw

 

ayanokouji777.hatenablog.com

 

ayanokouji777.hatenablog.com

 

ネットワークカメラで代用

f:id:ayanokouji777:20211121095412p:plain

ネットワークカメラで代用

Google Nest Doorbellは23,900円に対し、 ネットワークカメラの相場は3,000~5,000円。 今回はTP-Link製の約3,000円のネットワークカメラを使ってみました。

 

使ったネットワークカメラは上記リンクのひとつ前のもので、USB給電のもの「KC100」です(リンクはコンセント給電「C100/A」)。USB給電のものは現在在庫切れになってました。

 

設置に必要なもの

  • ネットワークカメラ
  • モバイルバッテリー
  • 両面テープ
  • ガムテープ

f:id:ayanokouji777:20211121100458j:plain

必要なもの

 

 

 

インターホンの上に設置

ネットワークカメラの底部分に両面テープをつけて、インターホンの上に貼り付けました。USBはモバイルバッテリーとつなげて、近くのトイレの窓から宅内に入れました。トイレ内にコンセントがあればよかったのですが、ないのでモバイルバッテリーで給電しています。

f:id:ayanokouji777:20211121101129j:plain

ネットワークカメラを設置

トイレの窓があったから良かったですが、ない場合はドアのポストから宅内に引き入れます。

f:id:ayanokouji777:20211121101243j:plain

ポストから宅内へ

見るのはChromebookかEcho Showで

在宅勤務だとデスクの隅にでもEcho Showやchromebbokを置いて、ちらちら見るようにしました。chromebookやEcho Showでの表示については過去記事もご参照ください。

 

ayanokouji777.hatenablog.com

 

ayanokouji777.hatenablog.com

f:id:ayanokouji777:20211121105255p:plain

chromebookで表示



 

1日ごとのバッテリー交換は無理。。。

ネットワークカメラを設置して、3か月以上経ったのですが、モバイルバッテリーは1日ほどしかもたないので、毎日交換してました。

ただ、正直めんどくさすぎて途中で延長コードでコンセントから給電に変えました。

バイスへの給電は頭の痛い問題です(先日、実家に帰った際も、Boccoのセンサーの電池を問いかえたところです)。

 

もちろんできないことは盛りだくさん

無理やりドアベル代わりにしているので、もちろんできないことは盛りだくさんにあります。

例えば、ドアベルだとベルを鳴らしてくれたとき見るだけにしたり人物認識などができますが、安いネットワークカメラではそれもできません。

ただ、すべてのドアベル機能が必要な人ばかりではないはずで、もしそうならネットワークカメラで常時表示させて、手が空いた時や玄関からなにか音が聞こえたときにだけ、ちょっと見るといったユースケースもありかなと思います。

 

まとめ

ネットワークカメラ評論家(w)として、いろんな活用方法を今後も考えていきます!