読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護×IoT

IT,IoTによる具体的な(在宅)介護への活用方法を発信!

コミュニケーションロボットを活用したレクリエーションは普及するか

レクリエーションの目的

老健、特養などの入所施設やデイケア、デイサービスの通所施設で行われているレクリエーションは主に以下の3つを目的としています。

  • 体を動かすこと
  • 脳を動かすこと
  • コミュニケーションをとること

体を動かすことで身体機能の維持や向上を図ります。体を動かさないと筋力の低下や介護度の進行のリスクが高まるためです。具体的なレクリエーションとしては、体操やダンスなどです。

 

脳を動かすこととは、脳を活性化させることです。いわゆる脳トレですね。認知症の予防や認知症症状の進行を遅らせる効果が期待されます。手先を使った、おりがみや工作などがこれにあたります。

 

コミュニケーションをとるというのは、レクリエーションは一人で行うものもありますが、他の高齢者とともに歌を歌うなどといったみんなでなにかをすることにより楽しみ、達成感を共有します。特に独居の在宅高齢者はどうしても引きこもりがちになりやすいため、他人とのかかわりにより社会との接点やいきがいといったものを持つようにしく狙いがあります。

 

コミュニケーションロボットとレクリエーション

介護分野でコミュニケーションロボットの活用が期待されているのは
こういったレクリエーション支援です。

 

富士ソフトのパルロは介護に特化しているだけあり、レクリエーションの種類が豊富です。HPでは、「歌やダンス、クイズなどのレクリエーションを行なうことでご利用者様の介護予防のお手伝いをしています」と記載されています。


Palro(パルロ)

運動でストレス解消!ゲームの高齢者レクはこちら!【PALRO(パルロ)】

f:id:ayanokouji777:20161105191955p:plain

 

他には「Sotaレク」といったものもあります。

flets.com

f:id:ayanokouji777:20170228193814j:plain


コミュニケーションロボットとしての表現

コミュニケーションロボット 人型が多いです。表現方法として一番シンプルなのは言葉です。人型であれば、言葉の他に身振り手振りも使えます。ただ、みなさんも経験あるように、人にモノを伝えるというのは言葉と身振り手振りだけでも難しい場合が多く、そのため、例えば会議などでは図などの表現も使っているのではないでしょうか。

単純な人型コミュニケーションロボットでは図を表現できません。そのため、最近ではTapiaやUniboのように頭部がモニターとして構成され、(他には、例えばPepperはもともとタブレットを胸部にもっています。)モニターでロボットの顔の表現をしつつ、図などを表現するといったことも可能になりそうです。

mjirobotics.co.jp

www.unirobot.com


また、人型であっても、それこそヒトと同じように、テレビや他のモニターを制御して
図示するといったことも、いずれ出来るのかもしれません。単純に、ロボットに赤外線リモコンを搭載し、テレビを操作するようなものはすでにUniboでは可能のようです。

現状でも、AmazonのFireStickTVやGoogleのChromeCastのようにテレビに接続し、
ネット経由で好きなコンテンツをテレビで見れることもできるので、今後はそこから発展し、コミュニケーションロボットからそれを操作して、テレビと合わせて、多種多様な表現ができていくようになっていくのではないでしょうか。


まとめ

効果が定量的にわからないなど課題はまだまだありますが、いずれにしろ、介護分野にコミュニケーションロボットのようなICTが活用されるのは必至です。昨今のスマホでのアプリ開発のように、コミュニケーションロボットのアプリ開発者も増えていくでしょう。私自身も勉強して、コミュニケーションロボットのアプリ開発者の一員になっていこうと思います。

レビュー「PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ)CS-QR10」

日本製品のネットワークカメラ

私が初めて購入したネットワークカメラは、Planexのスマカメです。Amazonのタイムセールで5千円代だったように記憶しています。それからもう1台購入し、今は2台持っています。

 

 

スマカメの特徴は

なんといっても、設定方法の簡単さです。スマカメ背面のWPSボタンを押し、ルーターWPSを押せばすぐさま使えます。あとはスマホタブレットにアプリをインストールし、カメラを追加すれば、映像を見ることができます。現在のネットワークカメラはこのような簡単な設定方法をウリにしている製品が多いです。少し前までは、NAT越えやDDNSなど、なかなか設定方法が難しく、設定の途中で挫折してしまうといったことも多かったように思います。

f:id:ayanokouji777:20170225110921p:plain

 

スマカメの機能は

スマカメは複数のシリーズが用意されており、それにより、マイク(音声が聞こえる)だけだったり、暗視撮影(暗闇でも撮影可能)、スピーカー(スマホから話しかけられる)が内蔵されていたりします。機能が増えれば増えるほど価格も高くなり、6千円程度~1万3千円程度の幅になります。以前の記事で私が提示した条件の中では、価格面やパン&チルトといったカメラの可動ができないですが、日本製らしいやさしいUI面が魅力的に感じられます。

 

ayanokouji777.hatenablog.com

f:id:ayanokouji777:20170225111700p:plain

 

見守り機能

動体検知の機能ももちろんあり、しかもそれが見守り機能として簡単にON/OFFできるような機能が搭載されています。

f:id:ayanokouji777:20170225111913p:plain

f:id:ayanokouji777:20170225112004p:plain

 

玄関先にスマカメを

先に記載したようにスマカメにはパン&チルトの機能がありません。そのため表示される角度は固定になってしまいます。部屋の中を見渡したいとか、高齢者やペットなど動く被写体をフォローしたい場合にはパン&チルト可能なネットワークカメラのご使用をお勧めします。

 

 

ayanokouji777.hatenablog.com

私はスマカメは玄関先に設定しています。玄関であれば、そんなに広くもないですし、固定でも十分事足ります。防犯目的、徘徊防止など、玄関にカメラを置きたいといった用途にはぴったりだと思います。

f:id:ayanokouji777:20170225112401j:plain

写真で使っているクリップ型のスタンドは別途購入できます。

 

 

評価

私がもとめる機能をすべて持っているわけではないですが、日本製という安心感、シンプルな設定など魅力的な製品であることは間違いないです。ネットワークカメラを購入検討する際には、選択肢のひとつにすることをおすすめします。

 

MESHで見守り

みまもりホットライン

現在、雨後のタケノコのごとく、見守りシステムと呼ばれるものが増えています。

ayanokouji777.hatenablog.com

私が初めて、見守りシステムというものを知ったのは、象印マホービン株式会社の「みまもりほっとライン」です。

www.mimamori.net

f:id:ayanokouji777:20170205173450p:plain

 

日常的によく使われるポットに着目し、ポットが日々使われたら、介護者にメールで知らせるサービスです。使用時間も把握できるため、毎日のライフスタイルと違った行動があれば、気付くことも可能です。IoTの構成に当てはめると、ポットを使用(電源ONなどの行動もセンシングしています)=センサー、ポットから使用状況を送信、管理=クラウド、介護者にメールを送信=アクチュエーターとなります。IoTに当てはめましたが、IoTなどという言葉がなかった2001年にみまもりホットラインのサービスは開始しています。実に16年もの前からサービス開始していると思うと、感慨深いものを感じます。

 

みまもりホットラインのコスト

HPで確認する限り、みまもりホットラインは、初期費用5,000円(税別)で、 後は月々3,000円(税別)となり、ポット自体はレンタルとない、この料金に含まれています。クラウドへの情報送信は、ポット自体に通信モジュールが内蔵されており、通信料も毎月の金額に含まれています。

 

MESH

IoTを簡単に実現できる「MESH」という製品があります。

meshprj.com

ブロック形状で、明るさや人感などの各種センサーになっています。

f:id:ayanokouji777:20170205173951p:plain

 

[ソニー] Sony MESH 7タグセット MESH-100B7A

[ソニー] Sony MESH 7タグセット MESH-100B7A

 

 

MESHで実現する見守り

続きを読む

Amazon Echo(アマゾンエコー)のような音声認識は介護の役に立つか

Amazon Echo

最近ネットニュースなどでは比較的よく見るようになったAmazon Echoという製品があります。声でAmazonに注文が可能です。

f:id:ayanokouji777:20170201072003p:plain

amazonより引用

日本では2017/02現在未発売ですが、年内に発売かもというニュースがでています。

www.newsweekjapan.あはjp

また、先日は誤発注したニュースもあり、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

roboteer-tokyo.com

 

音声認識は最高の入力方法か

誤入力のリスクもあり、声で注文しなくても、PCやスマホがあるので不要という考えもあるでしょうが、私は確実に音声認識は広まると考えています。特に高齢者はPCやスマホを使いこなすのも難しいでしょうし、声ですぐ注文ができることのメリットは計り知れないです。またAmazon Echoは他製品と連携することにより、他製品を操作することも可能です。例えば以前の記事でもご紹介した、PhilipのHueは連携可能で、Amazon Echoに照明つける旨をいうと、照明がつくようです(具体的に、日本語ではどう伝えることになるでしょうか)

 

ayanokouji777.hatenablog.com

 

医療、介護での音声認識、音声入力

続きを読む

リショーネPlusは特殊寝台(ベッド)か車いすか

福祉用具貸与単位数 貸与種目別割合

前回の記事のとおり、福祉用具貸与には対象となる種別が存在します。

ayanokouji777.hatenablog.com

これらの種別の割合は以下の通りです。

f:id:ayanokouji777:20170129125302p:plain

一般社団法人シルバーサービス振興会 資料より引用。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000136658.pdf

 

特殊寝台と車いすで約6割を占めています。

 

離床アシストロボット リショーネPlus

Panasonicが発売する、リショーネPlusという製品があります。

続きを読む

紛失防止タグは徘徊防止の役にたつのか

見守りタグ

以前の記事にも記載しましたが、現在各地域で地域の徘徊老人のための見守りサービスの実証実験が行われています。

ayanokouji777.hatenablog.com

こちらで紹介したALSOKのシステム構成は以下の図のようです。

f:id:ayanokouji777:20170122150016p:plain

ALSOK HPより。

高齢者の靴に見守りタグを埋め込み、見守りタグからボランティアのスマホBluetoothで接続、スマホからクラウドの見守りタグアプリサーバーへ位置情報を送信し、サーバーから介護者へ情報を伝えることにより、高齢者を見つけます。

 

紛失防止タグ

前述した見守りタグと同原理の、紛失防止タグというものがあります。こちらでしたら、現状気軽に購入することが可能です。

 

 こちらのTrackRでしたら、Amazonでも購入できますし、SoftBankクラウドファンディング「+Style」でも購入できます。

plusstyle.jp

もっと身近では最近、ヨドバシカメラの店舗でもMAMORIOという商品が購入可能です。

robotstart.info

 

TrackR

私は+StyleでTrackRを購入してみました。

f:id:ayanokouji777:20170122151415j:plain

財布につけてみました。

f:id:ayanokouji777:20170122151537j:plain

スマホにアプリをインストールし、タグを追加します。

 

f:id:ayanokouji777:20170122152053p:plain

スマホタグが一定距離を離れると音がなるように設定します。

f:id:ayanokouji777:20170122152220p:plain

実際に音がなる様子は以下の動画をご覧ください。

www.youtube.com

 

実際の感想は

一定距離が離れていた場合に音がなるので、気づくかなと思いきや、町中だと気づきにくいかもしれません。万が一、紛失した際は、最後に接続していた地点をスマホで保持していますので、それをめどに探し、スマホでタグから音を鳴らすように操作できますので、音を頼りに探せるかなと思います。ただ、Bluetooth接続というのが結構まだまだ信頼性に欠けるといいますか、一定距離が離れていても音がならないときがたまにあるようです。

 

徘徊防止の活用にはまだまだ課題

紛失物なら基本的には動かないので、比較的わかりやすいのですが、徘徊の場合は自律的に移動しているので、探すのは困難を極めます。実際、私が子供のころに兄がいなくなったことがありましたが、そのときに両親の気持ちは耐えられなかったでしょう。交通事故にあってたらどうしようか、なにか事件にまきこまれたらどうしようか。そのシステムでは、同アプリをスマホにインストールしている人がいたら、そこからもサーバーに情報を送れます(前述の見守りタグのボランティアと役割と同様)。そのため、このようなシステムが普及すればするほど、見つかる可能性が高くなります。将来的にはタグと接続しサーバーに情報を送れるようなものが電柱などに配置されるのではないでしょうか。

 

まとめ

まだ万全とは言えませんが、3千円ほどですし、まずは紛失防止として使ってみて、介護など、見の周りに役立ててみてはいかがでしょうか。

福祉用具貸与サービスとしての車いす

福祉用具貸与

介護保険下のサービス種類のひとつに「福祉用具貸与」(要支援の場合は「介護予防福祉用具貸与」)というものがあります。現状、福祉用具貸与で提供しているものは以下のとおりです。

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 徘徊感知機器
  • 移動用リフト
  • 自動排泄処理装置

 

具体的な商品は?

介護保険の対象となる商品を決定するのは、各保険者(市町村)となりますが、概ね、公益財団法人テクノエイド協会が認定したものが承認されているようです。

www.techno-aids.or.jp

こちらのHPでは福祉用具の検索も可能です。

 

f:id:ayanokouji777:20170112214430p:plain

 

WHILL

車いすを検索してみると、WHILLという商品が見つかります。

f:id:ayanokouji777:20170112214712p:plain

 

whill.jp

こちらの商品は、デザイン的にも優れ、iPhoneBluetoothで接続し遠隔操作ができるなど、従来の車いすのイメージを一新したことで各種メディアにもとりあげられているので、ご存知の方も多いかと思います。

pc.watch.impress.co.jp

 

車いす×IoT

iphoneと接続できるなど、近年、車いすにもIoTの波が押し寄せています。兄の車いすを押していた私としては大いに歓迎しています。車いすを使ってらっしゃる方、また私のように介助していた方なら分かるかと思いますが、従来のものは、出来ないことは仕方ないとあきらめることがおおすぎて、あきらめる癖がついてしまったのではないでしょうか。押さなくてもBluetooth接続された対象を自動的に追尾するような商品もいずれできるでしょう。

持ち主を自動追尾してくれるスーツケースが登場?? その驚きのスーツケースに迫る!! – CHALLENGER

japan.cnet.com

 

www.jiji.com

 

車いす×soracom

IoT界隈の方ならご存知のsoracomという会社があります。WHILLは新サービスにおいて、機器の位置情報、機体&センサ情報をWHILL社のサーバーに送るためにsoracomを利用しているようです。

soracom.jp

続きを読む